rau9xi | sa.yona.la help | tags | register | sign in

rau9xi

電車内

友情の脆さと冬の長雨

reply

『私もいつも持ってきてるからやばいんだよねー(笑)』

『あーゆうの誰が言ってるんだろうねー』

「この間の、私が言ったんだ」

『え、そうなんだ・・・」


「でも、私がチクったってこと誰にも言わないでね。」

『うん、言うわけないじゃん?』

「本当に言わないでね、みんなに」

『言わないよ!』


朝の電車内で交わされた約束。

中学生か高校生か。学生服の女子2名。

聞き終わった後に、険悪なムードになってた。

車内もピリピリ。あそこって意外と空気を引きずるよね。

posted by rau9xi | reply (0)

店を語るひと

reply

「昨日行ったお店がすごく良かったの!」

『へぇいいな~、どんな感じだったの?』

「店構えは落ち着いた感じで」

『うん。』

 

「レトロなオブジェとか置いてあるわけ」

『大人な感じやねー。』

「それなのに、店員さんがめちゃくちゃフレンドリーなの」

「フレンドリー高松!(大きなアクション)って感じだったの」

『!!』


『もしかして、それ、オレンチに・・・』

「そう!俺ん家に来いみたいな感じだったのー」

「『アハハハハハハ』」

posted by rau9xi | reply (0)

api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.