http://rau9xi.sa.yona.la/128 | rau9xi | sa.yona.la help | tags | register | sign in

http://rau9xi.sa.yona.la/128

reply

地下鉄の階段を利用する人、なんか凄くいっぱいいる。

昨日も今日も、明日も階段は踏まれ続ける。ずっとずっと。

67kg → 48kg → 73kg → 61kg → 14kg+57kg → 69kg →


犬の散歩。私は運動不足気味のからだを、どうにかするため犬と一緒に街に出た。

駅前の茶色のベンチで休憩。ちょっと疲れたね。水たまりで靴下が濡れていた。


地下鉄からヌラヌラ出てくる人はみんな。みんな上を見た。

中年サラリーマンも、厚化粧OLも、黒メガネ学生も、金髪美女も。

詳しく言うと、上を見ている人を見て、みんな上を見始める。

パンデミック。それは鳥インフルエンザみたいに感染した。


すこし前まで小雨が降っていた空。

灰色の雲に薄っすらと太陽の光が見えるだけだ。


リードに繋がれた犬は首を傾げてから 口をひらく。

「ねえ、ロケットでもとんでくるの?」 小声で、ベンチに座る私に。

「ううん。 食べちゃうんだ、月が太陽のことを。 だからみんな見てるの。」


大衆が揃って空を見上げる姿は、SF映画のワンシーンのようだった。

地球最後の日に私はいないに決まってる。だけど人類は今日と同じように空を見上げるだろう。


私たちと同じように。(…ってなんだこれ。)

posted by rau9xi | reply (0) | trackback (0)

Trackback URL:
api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.