アラビックヤマト | rau9xi | sa.yona.la help | tags | register | sign in

アラビックヤマト

reply

午後11時のアンニュイ。明日も早朝7時から

仕事という材料が私に若干の焦燥感と足の震えを与える反面、

あと7時間弱は自分の時間が


過ごせるぞという惰性からくる妙な安心感を得ていた。

ラジオから聞こえてくる井上陽水の音楽、

少年時代が

私に夏の終わりをゆっくりと再認識させる。


「3分間クッキング~♪」ラジオの音に声がかき消された。

ひとりは寂しい。

冷蔵庫と電子レンジの間を何回か

往復して、温めてはラップを剥がす、その繰り返し。


夕飯のおかずに作った

ピーマンの味噌炒めを摘まみながら思った。

この料理は、アブノーマルな領域に2,3歩踏み込んでいる、

そうアナルセックスだ。


味噌が糞でアナルセックス。そう思ったのでは

ない。ちょっと違う。

スーパーの安売りピーマンの裏側を

観察して思ったのだ。これはアナルセックスだ、と。


ピーマンの裏側の中央にはプツンと穴が開いている。

これがアナルだ。もう一度言おう、

これがアナルだ。それを取り囲むように

ボコボコがある、

そしてこれがちんちんだ。各自、持ち帰って検討してほしい。


アナルを狙う無数のちんちんの構図。無数といっても

大体が3-4個だが。

これをアナルセックスと言わずして何と言おう。

ピーマンという植物の作品名が、アナルセックスだ。美しい。


ある写真家が、花は性器だと言っていた。女性器だと。

ピーマンは何か、ずばり果実である。

花が受粉して果実になる、次のステップに進んで

初めてそうなるのだ。


花がセックスをするものだとしたら、

果実は次のステップ、

アナルセックスをするものだと考えてよいだろう。


つまり、ピーマンという果実はアナルセックスの

象徴、シンボルと考えられる。

ピーマンがアナルセックスの隠語になる日もそう

遠くないはずである。


ピーマンの神秘を、自然の神秘を、みんなも感じてほしい。

posted by rau9xi | reply (2) | trackback (0)

Trackback URL:

Re: アラビックヤマト

感じたよ

reply

きれてるなぁ。

posted by uxsp6j | reply (0)

Re: アラビックヤマト

)菊(

reply
ある写真家が、花は性器だと言っていた。女性器だと。

アラビックヤマト | rau9xi | sa.yona.la



「菊」は、ものすごい象形文字だと思うのです。


>荒木 これがアヌスに見えるヤツは相当エイズだなァ。
>合田 エイズだよ。
>荒木 都界のアヌス。
(zig5z7注:「界」に傍点)

荒木経惟:「冬へ — Tokyo:a City Heading for Death —」p.96の写真へのコメント

posted by zig5z7 | reply (0)

api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.