虫眼鏡で新聞焼いてみる。 | rau9xi | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

虫眼鏡で新聞焼いてみる。

返信

引き出しの虫眼鏡を出した。

同時に京都の土産を見つけた。

毛がふさふさした小動物だ。

昨日の新聞を持ってきた。

昨日のテレビ欄をチェックする。

ベランダに移動した。

少し寒かった。

上着を取りに行った。

色がついた場所を見つけた。

人体に有害かと不安になった。

焼くときは息を止めることにした。

新聞が明るくなった。

太陽の光を小さくして当てた。

煙がもくもく上がった。

やはり黒い所は燃える。

最高だ。

蟻も黒いな、どうだろう。

恐ろしいと思った。

煙の場所を見てみた。

新聞に穴があいていた。

船乗りの持つ書類みたいだ。

何回も繰り返した。

目が悪くなる気がした。

部屋の中が暗い。

明順応暗順応、理科実験。

太陽から飛んでくる力。

それを使ったのだ。

私は太陽を司る神だ。

うそでした。

新ビジネスを考えた。

名付けて、虫眼鏡お灸。

詳細は企業秘密だ。

とにかく、

新聞を燃やすのは楽しい。

それと、

黒猫は発火しやすいから危ない。

投稿者 rau9xi | 返信 (1) | トラックバック (0)

このエントリーへのトラックバックアドレス:

Re: 虫眼鏡で新聞焼いてみる。

http://q7ny3v.sa.yona.la/893

返信

虫眼鏡で悪戯しただけのことを,こんなふうに描ける才能が,

なんだ,この感覚は,妬んでるな俺。

投稿者 q7ny3v | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.